ホーム > むし歯治療
むし歯の治療法をご提案します

むし歯は、細菌が酸を出して歯を溶かしていく病気のことです。症状が中~重度まで進行してしまうと、セルフケアでの改善が難しくなってくるので、痛みに悩まずに速やかに歯医者さんへ通院しましょう。

むし歯は治療して終わりではありません。治療後に再発しないために、詰め物をして、むし歯後にしたり、重度のむし歯の場合は抜歯をして差し歯やインプラント、入れ歯をするという選択肢が出現します。
当院では、患者さまのご希望や展望、経済面を踏まえた上で、最善の治療方をご提案いたします。わからないことがあれば、お気兼ねなくお問い合わせください。

シーラント インレー(詰め物) クラウン(被せ物) 土台(コア)を使った治療 削らない、痛くない治療(ドックベストセメント) 銀歯や詰め物が 取れてしまった方は

シーラント

シーラント

シーラントとは、奥歯のかみ合わせ部分(溝)に薄いプラスチックを埋め込み、そこからのう蝕を防ぐ方法です。

奥歯の溝部分は、通常の歯磨きではブラッシングが行き届かない場合があり、そこからう蝕が進行してしまう傾向が多くあります。
そのリスクを抑える方法がシーラントというわけです。

しかし、非常に薄いプラスチックのため割れやすく、本人が気づかない内に割れているケースも少なくありません。
なので、シーラントをする場合は、定期的に歯医者さんへ通い、シーラントに異常がないかを確認してもらう必要があります。

インレー(詰め物)

インレーは、むし歯を削りできた穴にはめ込む詰め物のことです。

インレーの種類は保険適用のものと保険適用外のものとがあり、保険適用に関しては「レジン」という合成樹脂や「銀色の金属」などを使うのが一般的です。
保険を適用するメリットは、コストが安く抑えられる点です。
デメリットとしては、変色しやすかったり、見た目が悪かったりする点です。

逆に保険適用外のものだと、「セラミック」や「ハイブリッド」等があります。保険適用外のものだと、白色で変色しにくいものや、割れにくいものなどがあり、保険適用の治療よりメリットは多くあります。

保険適用外のデメリットは、治療方によっては高コストになってしまう治療もあるということです。
機能性や色合いを気にしないのであれば、保険適用のインレー(詰め物)をお勧めします。

また、技術の進展により、保険適用でもある程度丈夫なものや、白色のものを作れたりしますので、お考えであればお気軽にご相談ください。

クラウン(被せ物)

クラウン(被せ物)

クラウンはインレーとは違い、むし歯を削ったあとの穴を埋めるのではなく、丸々歯を隠すように被せるものを言います。

インレーと同じように、保険適用と保険適用外では価格や審美性が大きく違いがあります。

しかし、被せ物をするために、むし歯以外のところを削る必要があるので、クラウンにする場合は慎重に選ぶ必要があります。

土台(コア)を使った治療

むし歯で歯の大部分を失ってしまった場合に用いる治療法です。

歯の根の部分に土台を形成し、その上にクラウンを被せます。

土台の形成時に一度でうまくいかない場合、やり直し時に歯を削る必要があるので、やり直し回数が増える度に歯が削られてしまうので、治療回数は最低限にする必要があります。

削らない、痛くない治療(ドックベストセメント)

削らない、痛くない治療(ドックベストセメント)

ドックベストセメントとは、むし歯の部分にミネラルでできたセメントを詰めて治療する方法のことを言います。
むし歯はまったく削らないわけではありませんが、従来のむし歯治療に比べ、削る量は少なく、削る量が少ないため痛みもほとんどありません(個人差はあります)。
削った後に、ドックベストセメントを充填し、むし歯を治します。

保険適用外の治療ですが、比較的安価で治療できます。
詳しくはお問合わせください。

銀歯や詰め物が取れてしまった方は

銀歯や詰め物が取れてしまったからといって、同じ箇所でご自身で詰め治したり、接着剤でくっつけることは絶対にしないでください。
ご自身で行うと、ほぼ確実にもとの位置よりずれてしまいますし、接着剤に関しては過去の事例で歯の根を腐らせてしまった結果があるくらいです。

もし、銀歯や詰め物が取れてしまった場合は、通われている歯医者さんへ取れてしまった詰め物を持っていきましょう。

アクセス


大きな地図で見る

〒251-0056
神奈川県藤沢市羽鳥3-1-38 ハックドラッグ羽鳥店2F

JR辻堂駅 北口から徒歩10分

詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2014/12/26

年末年始の休診のお知らせ
12月29日(月)~1月4日(日)まで休診と致します。
1月5日(月)より通常診療と致します。
何卒宜しくお願いいたします。

2014/04/01
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
モバイルサイトはこちらから